私は未だにスマホを持たずにガラケーを愛用しています。昨年、愛用のガラケーが故障したときもスマホに買い替えることはせずに迷わずガラケーを購入しました。昨年の段階で選べる機種が2種類だけだったのですが、ニュースなどでは2020年代の中ごろには今のガラケーは使えなくなるという情報もあります。これだけスマホが普及しているのですから効率を考えれば致し方ないのかもしれません。最近では私より上の年代の方もどんどんスマホに交換していて、職場ではとうとうガラケー愛用者は私だけになってしまいました。家族の中では祖父母がまだらくらくフォンを愛用していますのでそれほど肩身の狭い思いはしていないのですが、妻も息子もスマホですのでラインでのやり取りができないので若干相手には不便をかけているようです。個人的にはガラケーを使い続けたいのですが、サービス終了となれば強制的に使用は終了してしまいます。その前に多少慣れておいた方がいいのかとも思いますが、いまだ思いきれません。サービス終了とともにガラケーもスマホも持たないというのいいかもしれないとも思いますが、そういった生活ができるのかどうか、現状では難しそうです。脱毛ラボ 箇所