東京都に近い県のある市が財政破たんの可能性から職員の給与カットしたこと

ニュースであった、財政破たんの可能性から、市の職員の給与カットの記事を見て、少し驚きを覚えました。かつて夕張市などでもあった内容ですが、この市は東京都に近い県です。こんな県でも疲弊は進んでいるんだなあという事です。ある政治家が、東京都は税収が多いから何でもできると言う風な発言をしました。今後このような事態は地方では起りうることです。
人が住んでいる以上、行政は必要です。人口が減ったからこの地域の行政はしないと言うわけにはいきません。同じ日本でも人口が多い都市部と人口の少ない過疎地区では、当然のように税収に大きな差があります。都府県単位で見ても、面積が広く人口の少ない県の財政は苦しくなります。逆に面積が狭く、人口の多い都府県では税収が多く潤います。同じ日本でこんな格差が生まれています。ふるさと納税で、税収の減る都市部は文句を言いますが、地方は喜びます。道路網、交通網が発達する中、県単位でも国単位でも、中央に集中し続ける構図は加速する一方です。税収配分を日本全体で考える時期に来たと思います。