最終巻らしくない所もあるが歴史も綴られているさ

昨年の夏に亡くなったさくらももこさんの大人気漫画「ちびまる子ちゃん」の最終巻が発売されたが話題にもなっていた事でかなり売れたと言うが完結という事で寂しさもあったが人気もある漫画だったので愛しいかったと思われているが現在でもテレビアニメをしているので見ている人もいる。

いづれはテレビアニメも終わるかも知れないがまだまだ制作は続くと思われている。

この漫画のほかに「ちびしかく子ちゃん」と他に同時発売となった事でこれも購入していると言うがこの漫画は作者が亡くなった事で完結となってしまったが一味違う漫画となっているので読む価値もあると思うがこれで完結してしまうので寂しさもあると感じられたがまんがだけでなくエッセイストや作詞家としてマルチでやっていたので幅広かった。

漫画を描きながらこの様にしているのもアシスタントがいる事で描けたと思いましたが「クレヨンしんちゃん」は作者が亡くなっても連載やテレビアニメ、映画が続けられているのもアシスタントの力だと思っているがさくらさんは漫画の連載も完結する事で納得ができたと思われている所もあるので理解もできたと思うのです。

この「ちびまる子ちゃん」は雑誌の連載だけでなく地方新聞の連載もしていた事で全国に読まれていたのでこれを気に漫画など読んだ人も多くいたと言うがその間に病との戦っていたと思われたかも知れないが惜しいを亡くなしたと思う。

漫画だけではないエッセイストとして面白く書いた人と言うが漫画を見で「面白かった」と思う人がたくさんいた事でいろんな作品があったと思うので忘れならない人という事になるのです。https://clothingstorebuyer.com/yoyaku-net.html