割り引きの特質を提供するほど死にたさが募る

理想自殺手作業という教科書がある。ネーミングとは裏腹に、こういう教科書はあからさまに自殺を奨励している訳ではない。
却って、自殺を押さえるような役割を果たして掛かる一部分も生じる。
実際にこぶしに取り読んだ人の間では賛否両論が巻き起こっているようではあるが、現実的に考えて「生きていかなければいけない」という嚇しお手上げを植え付けられるのはそれはそれで酷な全般論です。
会員の中には「いつでも安心して死ねる」というセーフティwebの役割を果たしていらっしゃるという分別も起こる。
93階級に発売された同著は、何かこう、アドバンテージも言われぬ「嚇しお手上げからの救助」的意味を会員に突き付けているようにも想う。
ライフスタイルのある一定の瞬間を境に、パーソンは人様に対して「無理して生きろ」とまでは言わなくなる。
それこそが不変の回答であって、わざわざ「こうした死に方もあるが、できる産物ならやってみては?」と過激な提言を推奨するというのはある種、斬新な驚がく療法とも当てることができるのかもしれない。