これは必ずや、一目ぼれをしたみたいです!

湯船を待っていた一瞬、まぶたの縁のクライアントで何ががうごきました。1.5mほど下にある田んぼの側溝の中で黒いビニールがはためいたように見えたので、何と覘いてみたらそこには真っ黒い猫がいて、虫か何かに飛びついていました。とても黒の毛並みがビューティフルだったので、暫し眺めていると、猫のほうも意思がついでこちらを見つめ返してきました。ちょっぴり、見つめあったままで動けませんでした。毛並みだけではなく、そのまぶたは吸い込まれるような実に良いブルーだったのです。
ちらっと湯船は万全かなと気付き道のクライアントを見てからもう一度、猫を見ると依然こちらを見ていました。びっちり猫を飼いたいなと思っているパーツなので、こういう猫を連れて帰りたい衝動にかられました。しかし、徐々に、立ち寄るところでそうすることが出来ず残念でした。それぐらいきれいな華麗氏の猫だったのです。どうも、我々はこういう黒猫に一目ぼれをしてしまったようです。また会えたらいいのにと思っています。ミュゼ 360円紹介